シアトルの七五三事情。アメリカで育つ子は日本の文化に触れられる?

しめ縄 イベント
イヌくん
イヌくん

ねえねえ、お兄さん。

アメリカに住んでいると、日本が恋しくなったりしないの?

お兄さん
お兄さん

そうだねー。住み始めた頃は、日本にあってアメリカには無いものばかりが気になって、しょっちゅう日本に帰りたくなったりしたものだね。おいしいお刺身とかラーメンとかね。日本に一時帰国すると、ラーメン屋さんばっかり行ってたなー。

イヌくん
イヌくん

げらげら

お兄さん
お兄さん

でも、しばらく住んでいるうちに、こちらにあるものだけでもまあなんとかなるのかなって思い始めたよ。ラーメン屋さんもちゃんと選べばけっこう美味しいしね。

イヌくん
イヌくん

でも、日本的な行事とかはあまり無いんじゃない?初詣とかひな祭りとか。

お兄さん
お兄さん

それが、意外にあったりするんだよ。

ちょうど今日、七五三のお参りに行ってきたんだ。

七五三大祭に行ってきました!

今日は、3歳になった娘を連れて、家族で神社の七五三大祭に行ってきました。

どこで?

「アメリカに神社なんてあるの?」と思われるかもしれませんが、ちゃんとあるんです。シアトルから北に車で一時間ほど行ったグラナイトフォールズという山奥に、椿大神社(つばきおおかみやしろ)という、けっこう立派な神社があります。アメリカ本土では唯一の、正式な神社だそうです

ちなみに、以前住んでいたサンフランシスコでは、神社は無かったのですが、桑港寺というお寺があり、娘の初参りはそこでやっていただきました。

椿大神社では、七五三以外に初詣や春夏の例大祭などの行事も行われています。以前初詣に伺ったときには、大人気で駐車場に車を駐めるのに30分ぐらい待ちました。今日はそこまでの混雑もなく、スムーズに駐車することができました。

どんな人が来ていたの?

今日来ていたのは、子供が全部で30〜40人、あとはそのご両親で、全部で60〜70人ぐらいだったでしょうか。行く前は、だいだいみんな日本人なんだろうな〜と予想していたのですが、子供の半分以上はハーフで、中にはご両親のどちらも日本人ではなさそうな家族も何組かいました

服装は?

服装は、僕は一応スーツで行ったのですが、同じくスーツで来ていたのは全体の3割ぐらいで、あとはけっこうカジュアルな感じでした。子供の格好は、着物を着ている子は数人ぐらいで、あとはだいたいパーティ等に来ていくような、ドレスやちょっとよそ行きの服といったところでした。

お金はかかるの?

受付で、1家族$40お支払いしました。日本の七五三の初穂料は5,000〜10,000円が相場だそうなので、まあ良心的ですね。また、うちはお願いしませんでしたが、プロのカメラマンによる撮影が1家族$30でお願いできるようでした。

内容は?

10時半から受付、11時に開始予定のところちょっと遅れて11時10分の開始でした。カーペット敷きの拝殿の中で、子どもたちは前方で床に座り、大人はその後ろに並んだ椅子に座る形でした。

ここの神主さんはアメリカ人のおじいちゃんなんですが、その神主さんが日本語と英語の両方で式を進行してくれます。日本語と言っても、普段あまり聞き慣れない言葉を使うので、英語を聞いている方が分かりやすかったのがちょっとおもしろかったですね(低頭 = slightly bowとか)。

式は粛々と進み、途中で鳴る太鼓の轟音にびっくりする子どもたちを眺めつつ、11時50分頃に終了。帰りに千歳飴の袋をもらって帰りました。ちなみに袋の中身がこちら。

千歳飴

  • お守り
  • 千歳飴×2
  • 動物クッキー
  • バネのおもちゃ
  • 指輪のおもちゃ
  • チョコレート×4

ちょっと、日本のとは若干毛色が違いますね(笑)。娘的には、お菓子をもらえてとっても満足げな様子でした。

まとめ

  • アメリカでも、100%そのままとまでは行かなくとも、それなりに日本っぽい行事を楽しむことはできます。
  • 子供たちを日本の文化に触れさせてあげられるのは、とってもありがたいですね。
イベント

noteも書いてます
NEW!サバイバル英語仕事術海外で6年間仕事をする中で学んだ、英語がペラペラじゃなくても英語で仕事をこなすための技術をまとめました。
海外や外資系企業で英語を使って働いている人、これから働きたいと思っている人には是非読んで頂きたいです。

【目次】
1. 資料を高速で読む技術
2. メールを高速で処理する技術
3. 会議で取り残されない技術
4. 言いたいことを文書できちんと伝える技術
5. 言いたいことを口頭できちんと伝える技術
6. まとめ:もう始めてしまいましょう
海外就職攻略の教科書 僕がこれまでに培ってきた、海外で就職するためのノウハウを全て詰め込んだ電子書籍です。
海外就職を目指す人、必読です。

【目次】
1. アメリカ企業の採用プロセス
2. レジュメの書き方
3. フォンスクリーニング対策
4. オンサイトインタビュー対策
5. 給与交渉の仕方
 
ゆうをフォローする
もう本当に効く英語の勉強しかしたくない

コメント