英語の洪水に流されない力を手に入れる方法

鼻メガネ リスニング
お兄さん
お兄さん

リスニングのトレーニングもいよいよ大詰め!

リスニングプロセス

 

お兄さん
お兄さん

今回は、この図の中の4つ目のステップ「意味が分かる」について見ていくよ!

イヌくん
イヌくん

でもお兄さん、もう前のステップで英語として認識はできているんだから、このステップはそんなに難しくはないんじゃないの?

お兄さん
お兄さん

うーん。そんなに簡単に行くといいんだけどねー。

課題のおさらい

英語のリスニングって(以下略)

その難しさの要因の1つとして、実際の会話では「ノンストップで流れてくる英語を、後戻りせずにスピーディーに処理する必要がある」ということをお話しました。

今日は、この課題に対してどのように対処すればよいのかお話ししたいと思います。

読んで分からない英語は聞いても分からない

まず言いたいのは、読んで分からない英語は聞いても分からないということです。

英語のリスニングで意味が取れないとき、我々はついつい「もっと多聴して英語耳を鍛えなければ!」などと思ってしまいがちです。

しかし、それって本当に耳のせいなんでしょうか?

もし可能であれば、その英文のトランスクリプトを読んでみてください。できれば話すスピードで。

それでも意味が取れなければ、それは耳ではなく読解力に問題がある可能性があります。

それは語彙力が足りないのかもしれないし、構文が把握できていないのかもしれません。

ゆっくり返り読みすれば意味が取れるのであれば、英文を前から順に理解する練習が必要なのかもしれません。これについてはまたリーディングの記事で触れますね。

結局は多聴も必要

トランスクリプトを、普通の会話のスピードで読んで意味が取れるようであれば、読解力も大丈夫ですね。

あとは、「音が耳に入る」ところから「意味が分かる」までの脳内の回路を鍛えてあげるだけかなと思います。

これにはやはり多聴が必要になりますね。スポーツのトレーニングと同じように、何度も何度もそのプロセスを繰り返すことで、回路が鍛えられていきます

多聴におけるポイントは2点あります。

  1. 英文を聞き流すのではなく、きちんと意味を理解するように努める
  2. やみくもに素材を選んで乱聴するのではなく、テーマを持つ

英文を聞き流すのではなく、きちんと意味を理解するように努める

もし英語をシャワーのように大量に聞き流すだけで英語が分かるようになった!という人がいたらごめんなさい。

でも、僕はこれは誇大広告もしくは誇大妄想だと思っています。

僕も昔散々英語のシャワー試して、全く伸びなかったですからね(泣)。

子供ならともかくとして、大人な英語学習者はただ聞き流すだけでは絶対に英語を聞き取れるようにはならないので、しっかり聞き取って意味を取っていきましょう。

やみくもに素材を選んで乱聴するのではなく、テーマを持つ

多聴と乱聴は違うと思っています。

趣味で英語を学んでいるのであれば、いろんな素材を楽しんで聞くというのもありだとは思います。

しかし、きちんと成果につなげたい(でも時間は無い)大人の英語学習者は、きちんとテーマを決めて素材を選ぶべきです。

例えば、

  • 仕事で英語を使いたいので、仕事に関連した内容の素材を集中的に聞く
  • 会話の中に数字が出てくると思考停止してしまうので、たくさんの数字が出てくる素材(決算報告等)を集中的に聞く
  • イギリス英語の聞き取りが苦手なので、イギリスが舞台の作品を集中的に聞く

などです。

会話の流れをコントロールする

講演や大人数での会議など一方通行のコミュニケーションでは、がんばって聞くしかありませんね。

でも、参加者が少人数で、双方向のコミュニケーションが可能な場面であれば、自らの発言で会話の流れをコントロールすることが可能です。

流れのコントロールに使える簡単な表現をいくつかご紹介します。

相手が何と言ったか聞き取れなかった or 意味が分からなかったとき

What did you say? (何て言ったの?)

ド直球ですね。それでいいんです。

 

What do you mean? (どういうこと?)

あなたの言ってることはちゃんと聞き取れてるんだけど、何が言いたいのかいまいちよく分からないよという雰囲気を醸し出せます。

 

Can you elaborate? (詳しく説明してくれる?)

あなたの言ってることはちゃんと聞き取れてるんだけど、ちょっと説明不足だから詳しく説明してよという雰囲気を醸し出せます。

 

What’s your point? (要するに何が言いたいの?)

あなたの話はちっとも要領を得ないから、もうちょっと要点をまとめてくれないかな?という雰囲気を醸し出せます。

相手の話すスピードが速すぎるとき

Can you speak a little slowly? (もうちょっとだけゆっくりしゃべってくれる?)

直球ですね。いいんです。

 

Let’s take things one at a time. (1個ずつ片付けていこうよ)

いっぺんにたくさんのこと喋ってもだめだよ、ちゃんと課題整理していこう?という雰囲気を醸し出せます。

 

すごくゆっくり話す

相手もつられてゆっくり話すようになります。

自分の理解を確認したい or 聞くのを休みたいとき

Let me confirm if I understand correctly. (ちゃんと理解できてるか確認させて)

そのままですよね。いいんです。

 

Do you mean XXXXX? (XXXXXってこと?)

簡単ですね。要所要所で認識に齟齬がないか確認していきましょう。

 

Let me summarize the discussion so far. (ここまでの話を整理させて)

Is my understanding correct? (てことで合ってる?)

議論の要点をところどころでまとめると、「デキる子」って思われるし、話の流れをある程度コントロールできます。

 

こう言ったフレーズ、もし他にも興味あれば英会話フレーズ800とかオススメです。

まとめ

  • 実際の会話では、ノンストップで流れてくる英語を、後戻りせずにスピーディーに処理する必要がある
  • 聞き取れているのに意味が分からないとしたら、読解力の問題の可能性がある。トランスクリプトを会話と同じスピードで読んでみよう
  • 多聴はテーマを決めて集中して聞こう
  • 会話の流れをコントロールする表現を覚えて、英語の流量をコントロールしよう
リスニング

noteも書いてます
海外就職攻略の教科書 僕がこれまでに培ってきた、海外で就職するためのノウハウを全て詰め込んだ電子書籍です。
海外就職を目指す人、必読です。

【目次】
1. アメリカ企業の採用プロセス
2. レジュメの書き方
3. フォンスクリーニング対策
4. オンサイトインタビュー対策
5. 給与交渉の仕方
6. ビザ取得戦略
NEW!サバイバル英語仕事術海外で6年間仕事をする中で学んだ、英語がペラペラじゃなくても英語で仕事をこなすための技術をまとめました。
海外や外資系企業で英語を使って働いている人、これから働きたいと思っている人には是非読んで頂きたいです。

【目次】
1. 資料を高速で読む技術
2. メールを高速で処理する技術
3. 会議で取り残されない技術
4. 言いたいことを文書できちんと伝える技術
5. 言いたいことを口頭できちんと伝える技術
6. まとめ:もう始めてしまいましょう
 
ゆうをフォローする
もう本当に効く英語の勉強しかしたくない

コメント