普通の日本人サラリーマンがアメリカビザを取るのは無理ゲーな件

STOPサイン 就職活動
イヌくん
イヌくん

えーん、えーん。

お兄さん
お兄さん

イヌくん、そんなに泣いてどうしたんだい?

イヌくん
イヌくん

日本にはほとほと愛想がつきたよ〜!

もうこれ以上日本で消耗したくないんだ!海外で働きたいよ〜。

お兄さん
お兄さん

何があったか知らないけど、穏やかじゃないね。

お兄さん
お兄さん

まあいいや。で、イヌくんはどの国に行きたいの?

イヌくん
イヌくん

やっぱりアメリカかなー。

なんかかっこいいじゃない?

お兄さん
お兄さん

そうだよねー。なんかよくわかんないけどかっこいいよね。

で、もう何か準備は始めたの?

イヌくん
イヌくん

英語の勉強がんばってるよ!

TOEIC満点取って、英検1級取るんだ!

お兄さん
お兄さん

いいね!ビザのあてはあるの?

イヌくん
イヌくん

えっ!何それ?

英語さえできれば後はどうとでもなるんじゃないの?

お兄さん
お兄さん

うーん。どうだろうねー?

トークイベント開催決定
トークイベント

英語だけじゃ足りない

海外生活って、何か素敵な響きですよね。将来海外での生活を夢見て、英語をがんばっている方もたくさんいるのではないでしょうか。

特に、アメリカという国は、良くも悪くも日本人の心をひきつけてやまない何かがある気がします。

アメリカで生活するために必要なもの。ぱっと思いつくのはまず語学力ですよね。

やっぱりその国の言葉が話せなければ、生活するのは難しいですし、ましてや就職なんて、ですよね。

でも、それ以上に重要で、かつやっかいなものがあります。

そう、ビザです。

そもそもビザってなに?

ビザは、日本語で査証と言います。

Wikipediaによると、

国家が自国民以外に対して、その人物の所持する旅券が有効であり、かつその人物が入国しても差し支えないと示す証書

のことです。要するに、その人が「入国させても大丈夫な、ちゃんとした人」かどうかを事前にチェックした証明書ですね。

これは、入国許可申請に必要な書類の一部となっています。

イヌくん
イヌくん

でも僕、海外旅行に何度か行ったことあるけど、ビザなんて必要だったかなー?

ビザ免除

一部の国には、短期の観光目的であればビザ無しで入国できます。

どの国にビザ無しで入れるかは、パスポートの発行国によって決まっていて、日本はシンガポールと並んで最も多くの国(180カ国)にビザ無しで入国することができます

これは、日本の経済水準や治安、対外政策が他国に高く評価されているということで、日本という国をここまで発展させてきてくれた先人たちのおかげです。ラッキーでしたね。

インド人の同僚なんかは、逆にどの国に行くにもビザが必要らしく、けっこう大変そうです。

就労ビザ

しかし、ビザの免除はあくまで短期の観光目的の場合の話。

長期の滞在や就労が目的の場合には、ビザが必要になります。

あなたがアメリカのある会社に応募して、見事内定をもらったとしましょう(後述しますが、これがそもそも無理ゲーです)。アメリカに移住してその会社で働くためには、ビザが必要になりますね。

これが本当に無理ゲーなんです

H1-Bビザ

一口にビザと言っても、様々な種類があります。今回の例のようにアメリカの会社に直接採用されるときには、H-1Bビザというものになります。

H1-Bビザの概要は以下のとおりです:

  • 取得条件:4年制大学以上の学位(orそれに相当する実務経験)
  • 職種:4大卒以上の知識を必要とする専門職で、大学の学位と関連があること
  • 申請条件:申請者となるアメリカの企業が必要
  • 受付開始日:毎年4月1日
  • 就労可能日:同年10月1日
  • 発行数:6万5,000件 + 大学院枠2万件
  • 申請件数:約20万件(2018年度の場合)
  • 選定方法:抽選

順番に見ていきます。

取得条件:4年制大学以上の学位(orそれに相当する実務経験)

H1-Bビザを取得するためには、4年制大学以上の学位、もしくはそれに相当する実務経験が必要となります。

「それに相当する実務経験」というのは、「俺はリアルなビジネスの現場で、大学よりも遥かに濃密な学びを得てきたぜ!」みたいなことではなく(笑)、3年間の実務経験=大学の1年間とみなされます。

なので、高卒の場合、12年間の実務経験が必要となります。

意識高い系の大学生はよく、インターンシップで入ったスタートアップに自分の居場所を見つけて、大学を中退してその会社に入社してしまったりします。

その意気込みは非常に素晴らしいし、実際の現場で鍛えられた方が大学でのほほんと過ごすよりも遥かに速く成長できるということも否定しません。

しかし、もし将来海外で働くことも視野に入れているのであれば、ビザのために大学だけは出ておいた方がいいです

特にアメリカは、実は日本以上に学歴社会で、条件に合う学歴が無ければスタートラインに立つことすらできません。特に外国人の場合は。

ちなみに、シンガポールのEmployment Passも、同様に大卒資格が求められます。

職種:4大卒以上の知識を必要とする専門職で、大学の学位と関連があること

専門知識を必要としないような職種はダメってことですね。

高校生のアルバイトでもできるような、ファストフードの店員とかはダメということなのでしょう。

また、大学の学位と職種の関連も求められます。

日本だったら「法学部出てますけど営業やってます」って全く珍しくないですけど、そういうのはダメということです。

ここはけっこう難しくて、文系学部と文系職種だと、なかなかその関連が認めてもらえないみたいです。

なので、H1-Bは理系向けのビザと言われたりもします。

なんでこんな条件があるかというと、国外からの就労を認めるということは、本来なら自国民を雇用できる可能性のあった枠を1つ、外国人のためにつぶすということなので、「アメリカ人からでは採用するのが難しい、よっぽど専門的な仕事なんですよね?」ということを証明するためなのです。

申請条件:申請者となるアメリカの企業が必要

H1-Bビザの申請には、スポンサーと呼ばれる、ビザを申請してくれる企業が必要となります。

なので、ビザを取る前に、まずはアメリカの企業から内定をもらう必要があるのです。

とりあえずビザだけ取っておいて、それから就職先を探すということができないんですね。

ちょっとだけキナ臭い香りがしてきました。でもまだ大丈夫です。

受付開始日:毎年4月1日、就労可能日:同年10月1日

H1-Bビザの申請は、毎年4月1日に始まり、実際にビザを得て就労が可能になるのは同年の10月1日からとなります。

これは、4月1日以降ならいつでも申請できるということではありません。

後述するように、H1-Bビザは1年間に発行される件数が決まっています

そして、申込みがこの発行限度に達すると、その年の申込は締め切られてしまうのです。

例年、だいたい5日間ぐらいで締め切られてしまうみたいですね。

なので、ビザの受付は4月1日週の1週間のみと言って間違いないでしょう。

つまり、例えば4月10日にアメリカの企業から内定がもらえたとしても、それではもう、その年のビザの申請には間に合わず、翌年までほぼ丸1年待たなければならないのです。

その上、実際に働き始められるのは10月1日からです。

つまり、採用側の企業は、最長で1年半年間待たなければ、その採用者を働かせることができないのです。

ほとんどの場合、人材を募集するときは人材が欲しい時です。

そんなに長く待たないと働かせられないような人材を雇う企業がどのくらいあるのか、はなはだ疑問ですね。

だいぶ絶望感が漂ってきましたね。でもまだあります。

発行数:6万5,000件 + 大学院枠2万件、申請件数:約20万件(2018年度の場合)、選定方法:抽選

上でも触れましたが、H1-Bビザには年間の発行枚数が決まっていて、それは6万5,000件です。

さらに、院卒者だけが申請できる大学院枠が2万件あり、合計8万5,000件が、1年間のH1-Bビザの発行可能数です。

これに対して申請は、2018年度の場合は約20万件ありました。およそ2.4倍です。

この20万件に対して、厳正な審査を行って8万5,000件に絞り込むわけでは全く無く、選定はコンピュータによる抽選によって行われます

ええ、抽選です

抽選が通った8万5,000件に対してのみ、その後の審査が行われます。

その上、抽選で通ったとしても、更にそこから審査で落とされることもかなりあるそうです。

アメリカビザが無理ゲーな理由

以上見てきたように、外国人がアメリカで働くには、2.4倍の抽選をくぐり抜け、学歴や職歴、職種とのマッチングなどの審査に通り、さらに最短で半年、長いと1年半、待たなければいけないのです。

そんな厄介な人材を、いったいどんな会社が採用してくれるでしょうか?

外国人がアメリカの企業を受けると、最初の電話インタビューでほぼ確実にビザのステータスについて聞かれます。

ここでビザが無いと分かれば、ほぼ確実に不採用となってしまうのです。

ビザだけじゃない

アメリカで働く難しさって、決してビザだけではありません。

ビザうんぬんの前に、まず内定を取るのも一苦労。例えばその採用プロセスも、日本とは大きく異なります。

詳しくは下記の記事を見てみて下さい。

また、その他、日本とアメリカとの働き方の違い等は、下記の記事が詳しいです。

まとめ

  • アメリカで働くためにはビザが必要
  • ビザを取るためには、まずアメリカ企業から内定をもらい、次に2.4倍の抽選をくぐり抜け、審査にも通る必要がある
  • その後更に半年待たないと働き始めることはできない
  • そんな厄介な候補者を雇ってくれるような奇特な企業はまずいない
  • よって、アメリカビザの取得はかなりの無理ゲー
イヌくん
イヌくん

じゃあ、僕がアメリカで働くことは無理なんだねー。くすん。

お兄さん
お兄さん

まあまあ、そんなに気を落とさないで。

次回の記事では、アメリカで働くための現実的な方法を紹介するよ。

イヌくん
イヌくん

わーい!

お兄さん大好き!

就職活動

noteも書いてます
NEW!サバイバル英語仕事術海外で6年間仕事をする中で学んだ、英語がペラペラじゃなくても英語で仕事をこなすための技術をまとめました。
海外や外資系企業で英語を使って働いている人、これから働きたいと思っている人には是非読んで頂きたいです。

【目次】
1. 資料を高速で読む技術
2. メールを高速で処理する技術
3. 会議で取り残されない技術
4. 言いたいことを文書できちんと伝える技術
5. 言いたいことを口頭できちんと伝える技術
6. まとめ:もう始めてしまいましょう
海外就職攻略の教科書 僕がこれまでに培ってきた、海外で就職するためのノウハウを全て詰め込んだ電子書籍です。
海外就職を目指す人、必読です。

【目次】
1. アメリカ企業の採用プロセス
2. レジュメの書き方
3. フォンスクリーニング対策
4. オンサイトインタビュー対策
5. 給与交渉の仕方
 
ゆうをフォローする
もう本当に効く英語の勉強しかしたくない

コメント