使える英語のボキャブラリーを身につけるたった3つのコツとは?

手帳 語彙力
お兄さん
お兄さん

今日は受験英語のおさらいその2。

英単語・熟語の覚え方をやっていくよ。

イヌくん
イヌくん

僕、単語覚えるの苦手なんだ〜。

とにかく量が多いし、1つの単語でもたくさんの意味があったりするでしょう?

お兄さん
お兄さん

そうだね。ただ、実際の会話ではそこまで難しい単語が出てくることってまず無いんだよ。もし出てきても、たいていは文脈から推測できるし、会話だったら相手に聞いちゃえばいいからね。

イヌくん
イヌくん

確かにそうだね。もし本当に分からなかったら、辞書引いちゃってもいいよね。

お兄さん
お兄さん

実は僕も、会議中に誰かが知らない単語を使ったら、こっそりパソコンで検索してるんだ。

イヌくん
イヌくん

へーっ!そうなんだ!

そう聞くと、ちょっと勇気が湧いてくるよ!

お兄さん
お兄さん

それは良かった。

だから、語彙力が本当に問題になってくるのって、実は読んだり聞いたりするときじゃなくて、自分が話すときなんだ。

トークイベント開催決定
トークイベント

本当に使える語彙力を身につける3つのコツ

受験英語の復習:文法編でもお話ししましたが、受験英語の唯一の弱点はアウトプット力の弱さです。

みなさんも、文章の中で使われていれば意味は分かるけど、自分が書いたり話したりするときには絶対に出てこないという単語、たくさんあるのではないでしょうか?

これは読解力に重きをおかれる受験英語の性質上、仕方のないことです。

我々英語学習者は、読んで分かる語彙力と使える語彙力は異なるということを認識して、きちんと対策を取っていけばいいのです。

 

単語の覚え方は、僕も世間で言われている色々な方法を試しました。

語源で覚えるとか、単語単体ではなく文章で覚えるとか。

どれも一定の効果はありましたが、どの方法も、どうしてもインプットのための、更に言えば英文読解のための方法のようで、あまりアウトプットのための語彙力アップにはつながりませんでした

イヌくん
イヌくん

語源を覚えれば一個一個の単語を覚えなくて良いんでしょ?

僕、それがいいなあ。

お兄さん
お兄さん

うーん。確かにリーディングのときには、単語の形から意味を類推することはできるし、僕もたまにやるよ。でも、実際の会話ではなかなかそんなことしている余裕無いし、ましてやアウトプットには使えないからね。

お兄さん
お兄さん

よく使われる接頭辞の意味だけおさえておけばいいと思うよ。

in-、ex-、mis-、sub-、pre-、dis-、un-ぐらいかな?

 

それでは、僕が色々試して紆余曲折の末にたどり着いた、本当に使える語彙力を身につける英単語・熟語の覚え方をご紹介します。ポイントは以下の3つです:

  1. 何度も忘れて何度も覚える
  2. 覚える単語の意味はまずは1つに絞る
  3. 英→日ではなく、日→英で覚える

1つずつ説明していきますね。

何度も忘れて何度も覚える

英語学習者のみなさんならご存知の方もたくさんいらっしゃるかもしれませんが、エビングハウスの忘却曲線によると、人の記憶には以下のような特徴があります:

  • 人は学んだ直後からどんどん忘れていく
  • しかし、復習をすることで、忘れた記憶を取り戻すことができる
  • そして、繰り返し復習することで記憶が定着する

 

ここから言えるのは、単語を書き取ったりして1つ1つの単語に時間を割いて記憶してもどうせすぐに忘れてしまう。

それならば、それぞれの単語の記憶にかける1回あたりの時間は極力減らして、それを何度も何度も繰り返すことで記憶に定着させましょう

 

具体的には、単語帳を1冊用意し、先頭から順番に1単語ずつ、超高速で読んでいきます。

このとき必ず音読しましょう。

音読することで記憶の定着が高まるのに加え、スピーキングの際の瞬発力が上がります。

これを例えば1つの単語につき2秒で行うとすれば、1つの単語帳を1時間ほどで1周できます。

これを何十周も行うのです。

1日1周×3ヶ月=90周。1つの単語帳をさすがに90周もすれば、ほとんどの単語は覚えてしまっていると思いませんか?

イヌくん
イヌくん

90周も!?僕、今まで単語帳は途中で力尽きちゃって、一冊も最後まで終わらせたことなかったよ!

お兄さん
お兄さん

だまされたと思ってやってみて。絶対に覚えられるから。

覚える単語の意味はまずは1つに絞る

1つの単語には複数の意味がありますよね。

しかし、上でお話した「何度も忘れて何度も覚える」勉強法では、1つの単語にかける時間を可能な限り短くして、その分回数をこなしたいのです。

なので、単語の意味は最も基本となる1つに絞って覚えます

 

基本の意味さえ覚えてしまえば、その他の意味は実際に英文に触れる中で「ああ、この単語はこういう文脈でも使われるのか」と、自然に類推・記憶できていきます。

例えば”joint”という単語は、「結合」という基本の意味さえ覚えてしまえば、生き物に対して使われていれば「関節」という意味になるし、ビジネスの文脈であれば「共同」という意味になるのは容易に推測できますよね。

 

また、語彙力を実際の会話に使う際には瞬発力が重要になります。

その観点からも、1つの英単語と1つの日本語を結びつけて、相互の変換を一瞬で行えるようにした方が良いわけです。

英→日ではなく、日→英で覚える

読解に重きをおかれる受験英語の性質上から、受験生はどうしても英単語を見て日本語訳を覚える英→日の暗記に注力してしまいがちですよね。

しかし、上でも述べたとおり、これは読んで分かる語彙力は上がっても、使える語彙力には必ずしもつながらないのです。

 

そこで、単語を覚える際には、日本語訳の方から見るようにしましょう。

英→日ではなく、日→英で覚えるのです。

とは言え、「何度も忘れて何度も覚える」勉強法では、それぞれの単語にかける時間は極力短くしたいので、英単語を隠して日本語訳から英単語を言えるようにする、みたいなことはしなくてOKです。

 

単に英単語を見る前に日本語訳から見るクセをつけるだけで、脳が勝手に「ん?この日本語に対応する英単語は何だったかな?」と勝手に日→英の回路を強化していってくれます

どの程度のレベルの単語まで覚えればいいのか?

どの程度のレベルの単語まで覚えておけばいいのか。

これはすごく気になりますよね。

下記の記事でもお話しましたが、受験英語の復習はあくまでも基礎固めという位置づけなので、ごく標準レベルの単語をおさえておけば十分です。

はじめに、英語学習の目的・目標を設定したかと思います(下記参照)。

ここでも述べたように、どんな単語を覚えるべきかはあなたの目的に応じて変わってきます。

ただ、受験英語に出てくる単語は、分野を問わず使われる基礎的な単語ばかりなので、基礎固めには最適なのです。

実際、受験英語の標準的な単語帳の全ての単語を(読んで分かるだけでなく)自分で使いこなせたら、かなり高度な会話ができると思いますよ。

おすすめの教材

上でご紹介した、「何度も忘れて何度も覚える」勉強法に最適な英単語・熟語集を選びました。

1分間英単語1600

1分間英単語1600は、「何度も忘れて何度も覚える」勉強法と全く同じアイディアに基づいて作られています。

僕と同じことを考えている人がいたのかと、正直びっくりしました。

おすすめポイント

  • 「何度も忘れて何度も覚える」勉強法に最適化された構成。ページの右端に各章の所要時間の目安が書かれていて、その通りに進めれば1周27分で終えられる。
  • 「つづりが似ているが意味が全く違う単語」や「逆の意味の形容詞」など、項目別に分かれて掲載されており、覚えやすい。
イヌくん
イヌくん

僕、interruptとinterpretっていつもごっちゃになっちゃうから、まとめてくれてるのすっごい助かる〜!

使い方のポイント

  • 詳細な使い方が書かれているので、基本的にはそれに従いましょう。
  • 必ず音読することと、日→英の順で見ることを忘れずに!
  • 若干ボリューム不足なので、この本を終わらせてもし余裕があれば下で紹介しているターゲット1900にも同じ方法で取り組みましょう。

英単語ターゲット1900

英単語ターゲット1900は、言わずと知れた超定番ですね。

おすすめポイント

  • 単語の最もベーシックな意味が強調して表示されているので、「何度も忘れて何度も覚える」勉強法を実践しやすい。
  • 易しめの単語から難し目の単語までバランスよく配置されているので、これをマスターしたら基礎は万全。
  • 補助アプリの「ターゲットの友1900」がなかなか優秀。アプリで音声を聞いたり腕試しテストができる。

使い方のポイント

  • 例文等は一旦無視して、一語一訳の学習に集中しましょう。
  • レベルの高い単語も多く含まれているので、まずは1分間英単語1600から入った方が良いです。

英熟語ターゲット1000

英熟語ターゲット1000も英熟語の定番ですね。

実はネイティブは、実際の会話の中では難しい単語よりも熟語の方を頻繁に使ってきます

簡単な単語しか使ってないはずなのに意味が分からないと思ったら、それは熟語の語彙が足りていないということです。

逆に言えば、熟語を覚えれば、よりネイティブの会話に近い、生き生きとした英語が使えるようになるということです。

よく使われる英熟語の数はそれほど多くないので、英熟語の勉強は実は非常にコスパが高いんです。

おすすめポイント

  • 実際の英文で頻繁に使われる英熟語の多くをカバー。
  • 「混同しがちな熟語44」などグループごとに分かれていて覚えやすい。
  • 補助アプリの「ターゲットの友1000」が、こちらも優秀。

使い方のポイント

  • こちらも単語同様に、とにかく数をこなしましょう。
  • 使われている単語自体は簡単な分、かえって覚えるのが難しかったりします。しっかり発音して、舌で覚えてしまいましょう。

まとめ

  • アウトプットの力を高めるためには、日本語から英語に瞬間的に変換できるようになる必要がある。
  • 1回の暗記には時間をかけず、覚えては忘れる、忘れては覚えるを高速で繰り返すことで記憶を定着させる。
  • そのためには、単語の意味は1つに絞って覚える。
  • 英→日の順番で記憶していては、アウトプットのための語彙力は増えない。日→英の順番で覚えるのが大事。
  • ネイティブは会話の中では難しい単語よりも、簡単な単語が組み合わさった熟語と好んで使う。熟語の学習は非常にコスパが高い。
語彙力

noteも書いてます
NEW!サバイバル英語仕事術海外で6年間仕事をする中で学んだ、英語がペラペラじゃなくても英語で仕事をこなすための技術をまとめました。
海外や外資系企業で英語を使って働いている人、これから働きたいと思っている人には是非読んで頂きたいです。

【目次】
1. 資料を高速で読む技術
2. メールを高速で処理する技術
3. 会議で取り残されない技術
4. 言いたいことを文書できちんと伝える技術
5. 言いたいことを口頭できちんと伝える技術
6. まとめ:もう始めてしまいましょう
海外就職攻略の教科書 僕がこれまでに培ってきた、海外で就職するためのノウハウを全て詰め込んだ電子書籍です。
海外就職を目指す人、必読です。

【目次】
1. アメリカ企業の採用プロセス
2. レジュメの書き方
3. フォンスクリーニング対策
4. オンサイトインタビュー対策
5. 給与交渉の仕方
 
ゆうをフォローする
もう本当に効く英語の勉強しかしたくない

コメント