英語学習の目的を明確にすると学習効果が劇的に変わる3つの理由

バスケットゴール 心構え
イヌくん
イヌくん

お兄さん、まずは何から始めればいいの?

お兄さん
お兄さん

いきなり勉強を始める前に、まずイヌくんは英語を勉強してどうなりたいの?目標は何?

イヌくん
イヌくん

え?ただ英語ができるようになりたいだけなんだけど・・・

お兄さん
お兄さん

目的と目標がはっきりしないと、何をどこまですればいいのか分からなくない?

海に行くのと山に行くのとでは、持ち物も道順も違うよね?

同じ山に行くのでも、高尾山とエベレストでは必要な装備も技術も全然違うんじゃない?

イヌくん
イヌくん

うーん・・・

イヌくん、考え込んでしまいました。

英語学習の目的と目標を明確にする3つのメリット

なかなか英語が上達しない人の特徴に、「目的・目標が不明確でだらだらといろいろな勉強法をつまみ食いする」ということが挙げられます。昔の僕のことです(笑)。では、どうして目的と目標を明確にすべきなのでしょうか?

僕は、英語学習の目的と目標を明確にすることには以下の3つのメリットがあると思います。

  • やるべきことが明確になる
  • モチベーションがアップする
  • 自分の向上度合いが分かりやすくなる

1つずつ順番に説明していきますね。

やるべきことが明確になる

「英語ができるようになりたい」と一口に言っても、その意味するところは人によって様々です。海外旅行で困らないようになりたいのか?趣味のサッカーについて海外の最新情報を英語で入手したいのか?はたまた外国人の恋人が欲しいのか?

英語力をアップして、その結果としてどんな成果が欲しいのか?それによって、必要となるスキルやそのレベル、ボキャブラリーの種類は全く異なります。システムエンジニアが生命科学関連の単語を一生懸命覚えても、それが仕事に役立つことはまず無いでしょう。英語論文の執筆が目的であるのなら、リスニングやスピーキングの比重は下げてもいいのかも知れません。

仮に、英語の勉強そのものが趣味であるのなら、明確な目標は無くてもかまいません。しかし、忙しい社会人が貴重な時間を使って英語の勉強をする以上、それは何らかの成果が欲しいからではないでしょうか?英語学習による成果を最大化するために、以下の3ステップを踏んで、自分が注力すべきスキル領域を洗い出しましょう。

  1. 英語学習の目的と目標を明確にする
  2. そのために必要なスキルとそのレベルを考える
  3. 自分の現状と比較し、伸ばすべきスキルの優先順位をつける

ちょっと遠回りに感じられるかも知れませんね。しかし、この一手間で、得られる成果は天と地ほど変わってきます

モチベーションがアップする

英語学習の目的と目標を明確にするとき、あなたの脳内では、その目標を達成した自分の姿が明確にイメージされたと思います。その自分はどんなふうに見えましたか?すごく生き生きとしてかっこよく見えましたよね?海外の話題の小説を原書でスラスラ読みこなす自分。取引先と英語でタフなネゴシエーションを行う自分。そんな自分になりたいですよね?

そんなふうになりたいという強い気持ちが、英語学習のモチベーションにつながります。英語学習って、決して楽しいことばかりじゃないですよね?仕事で疲れているときに勉強なんてしたくないですよね?明日も朝早いですよね?そんなときに、自分がイメージした理想の自分が、誘惑に負けそうな自分の背中を押してくれます。そのためには、目標とする自分を強くイメージすることが大切です。

自分の向上度合いが分かりやすくなる

目標を定めるということは、自分の中にモノサシを持つということです。「海外のサッカー情報サイトを辞書無しで読めるようになりたい」という目標を設定したとしましょう。英語学習を始めたばかりの頃は1つの記事を読むのに辞書を10回ぐらい引いていた。今日は辞書2回引くだけで済んだ。このように、目標を設定しておくことで、自分の向上度合いが分かりやすくなります

自分の向上度合いが分かると、まずモチベーションにつながります。前述したように英語学習ってけっこう辛い時もあるので、モチベーションをどれだけ高く保てるかが1つのキーとなります。更に、向上度合いが分かることで、「自分はまだこの領域が弱いからもっと時間を割いて勉強しよう」「この領域はだいたい大丈夫だから、ちょっと優先度下げよう」といったように、より効率的にリソース配分を行うことができるようになります。忙しい社会人にとって時間を何よりも貴重なリソースです。常に最大のリターンが見込める領域に投入していきたいですね。

イヌくん
イヌくん

なるほど。よく分かったよ。

じゃあ僕の場合は、英語は仕事で使うのが目的だから、「英語で1人で会議を仕切れるようになりたい」というのが目標かな。

お兄さん
お兄さん

うん、すごくいいと思うよ。

じゃあ、次からはいよいよ実際に英語の勉強に入っていこう!

まとめ

  • 英語学習の目的・目標を定めずにだらだらと勉強していても、思うような成果は得られない。
  • 目的と目標を明確にすることでやるべきことを明確にし、限られたリソースを効率的に配置しよう。
心構え

noteも書いてます
海外就職攻略の教科書 僕がこれまでに培ってきた、海外で就職するためのノウハウを全て詰め込んだ電子書籍です。
海外就職を目指す人、必読です。

【目次】
1. アメリカ企業の採用プロセス
2. レジュメの書き方
3. フォンスクリーニング対策
4. オンサイトインタビュー対策
5. 給与交渉の仕方
6. ビザ取得戦略
NEW!サバイバル英語仕事術海外で6年間仕事をする中で学んだ、英語がペラペラじゃなくても英語で仕事をこなすための技術をまとめました。
海外や外資系企業で英語を使って働いている人、これから働きたいと思っている人には是非読んで頂きたいです。

【目次】
1. 資料を高速で読む技術
2. メールを高速で処理する技術
3. 会議で取り残されない技術
4. 言いたいことを文書できちんと伝える技術
5. 言いたいことを口頭できちんと伝える技術
6. まとめ:もう始めてしまいましょう
 
ゆうをフォローする
もう本当に効く英語の勉強しかしたくない

コメント